【前編】乳児の食事による窒息事故に安定した背中の叩き方(動画あり)

「息ができない」ことで亡くなる事故が、保育現場でも毎年のように繰り返されています。人口動態統計をみると、0歳児が亡くなった理由の7割~8割が窒息です。それはうつぶせ寝による突然死以外にも、食事中など、何気ない日常のひとコマで見られます。

食べ物がノドに詰まって窒息した場合、背中をつよく叩く方法(背部叩打法)が、よく知られています。0歳児はカラダが小さいので、衝撃からカラダを支えるように抱えます。この、子どもの首を支えたままの腕の上に、その胸とお腹まで乗せて背中を叩く(冒頭の写真は仰向けにしての胸部突き上げ法)、0歳児の気道内異物の除去について、適当な練習を行う際のポイントと、保育現場で安全に行なえる方法についてお届けします。

食事による窒息と溺水の窒息の違いを知る

具体的にご説明する前に、食べ物が詰まる「気道異物の窒息」と、「溺水による窒息」の対応の違いについて触れます。両者ともに、「呼吸が阻害されることによって、血中酸素濃度が低下し、二酸化炭素濃度が上昇して、脳などの内臓組織に機能障害を起こした状態」(出典:日本気管食道科学会)になります。しかし、事故後の対応は大きく異なります。

保育現場で子どもが溺れる事故が起きると、救出時に「背中を叩いた」という報告が数多く見受けられます。「窒息事故には背中を叩く」対応方法が形ばかりのものとして伝わっている結果ですが、溺水事故で背中を叩く行為は全くの時間の無駄といえます。

溺水事故は緊急通報と、心肺蘇生法を

背中を叩くのは、気道につまった固形物を出すために行ないます。溺水による窒息は、きっかけとしては液体が気道をふさぐことで起こります。しかし、ノドに痙攣が起こって、思うほど液体を飲んでいなかったりしているので体内に吸収されており、背中を叩いても液体は出てきません。

例えば、たくさんの水を飲んだお腹を力強く押したら、口から水が噴水のように吹き出すのは漫画だけで、お腹を押したら嘔吐して状態が悪化するだけです。そのため無理に出すことよりも、機能低下した肺と心臓の動きを補助して、脳に酸素を送ることが優先し、兎にも角にも119番通報と、人工呼吸をふくむ心肺蘇生法を行なうことが必要です。

次は、子どもの首を支えたままの腕の上に、その胸とお腹を乗せて背中を叩いたり、やはり腕の上で仰向けにして胸を突き上げる方法について、赤ちゃんマネキンで行なった動画を見ながら、練習のポイントを解説していきます。

乳児の食事による窒息事故に対する練習方法

反応ある乳児に対して、背中を強くたたく方法(背部叩打法)
・乳児をうつぶせにし、その下側に腕を通す。
・指で乳児の下あごを支えて突き出し、上半身がやや低くなるような姿勢にする。
・手の付け根で両側の肩甲骨の間を4~5回迅速にたたく。
反応ある乳児に対して、胸骨を圧迫する方法(胸部突き上げ法)
・背部叩打法で除去できなければ、あおむけにし、胸骨圧迫の要領で、4~5回圧迫する。
・2本指を乳児の両乳頭を結ぶ線と胸骨が交差する部分より少し足側におく。
出典:STOP!子どもの「窒息・誤飲」(東京消防庁)

安全に0歳児の気道に詰まった異物を出すために、下あごを支えて首を固定し、子どもの頭を低くして背中を叩きます。上の動画では、背部叩打法と胸部突き上げ法について、できる限り早く交互に繰り返すことを一番に意識して行ないました。

しかし抱えているのが人形ではない生身の子どもであったら、子どもの個体差、体重やカラダの動きを考えたとき、腕に乗せるという方法は、落としたり、乗せることに手間取って不必要な時間がかかったり、し損なう可能性を高めているようにも感じます。

腕の上で乳児の背中を叩くメリット・デメリット

腕の上に乳児を乗せるメリットは何でしょうか。背中をつよく叩く衝撃から、首が座りきっていない乳児の頭を守りながら、乳児の前後を挟み込むことで首とカラダを一体的に固定して、うつ伏せ、仰向けを効率よく繰り返すことができることです。

上記の形態のデメリットは子どもの脚の取り回しでしょう。棒か何かでもついているかのように、安定を保つために脚を脇に挟み込むような指導もありますが、乗せる段階で、自身の方へと子どもの脚を向かせた状態の取り回しには、たとえば抱っこひもを使って、抱えるときに手間取るのと同じ様子が想像できます。

子どもの生身の感覚を想像しながら窒息解除を練習する

少なくとも初期食が食べられるようになった0歳児に対して、マネキン相手であるかのように、スムーズに腕の上に乗せられる状況があるのだとしたら、気道内異物の除去はできても、脳への酸素供給という意味では、すでにタイミングが遅いのかもしれません。

以下の動画では、最初の動画に比べて、人形より重い子どもの体重を感じながら、腕だけでなく、太ももも使いながら、全体重を支えるようにして体位変換を行なっています。また、脚の動きも想像しながら、安全にコントロールすることを意識しました。

後編では、保育者が突然の事故に慌てていても、窒息解除の方法として有効な方法をお伝えします。

保育のちょっといい話。ためになる話。知らなかった話。大事な話。お届けします。
定期チェックしたい人はお友達登録を。
友だち追加数

著者プロフィール

著者アイコン
遠藤登(保育安全のかたち)
保育の安全性を高め、重大な事故を防ぐために、保育現場における救命処置法ほか、ヒヤリハット分析「チャイルドSHELモデル(c-SHEL)」の教育と保育リスクマネジメントの研修を開催しています。主な著書、『保育救命-保育者のための安全安心ガイド-』(株式会社メイト)ほか。

関連記事